ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 当たり前に過ぎる時間 | main | しましまの新年2016 >>
2018.12.15 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.12.31 Thursday

楽しいがキーワード




今年もあと1日
ここにきて急に冷え込み
室内でも吐く息が白くなりました。
しましまネットの一年は
タイムズ作りとクラフト市場の開催で
サイクルが決まっています。
私を含め主婦4人のチームですが
年末年始そして春までが
何かと主婦業が忙しいのが12月。





なので実際に全員揃っての活動は
春から夏に変わるころ
しましまタイムズの取材から始まり
テーマに沿って決める
島人の取材は必ず4人でお邪魔しますが
毎年その方の人生に触れさせて貰えることで
改めて島の魅了を
再確認したり、再発見したり
楽しい時間を共有することが出来ます。





そしてその集大成と言えるのが
クラフト市場です。
島の人々が中心になった
お店が毎年約50店舗ほど
海辺に立つ小さな集会所に所狭しと並び
今年は約4000人のご来場者に
足を運んでいただきました。





毎年いろんなメディアの
取材を受ける中で、必ず聞かれる質問が
「何のために活動を続けているのか」
その度に応えるメンバー皆の答えは
「自分たちが楽しいと思うから」
と統一しています。
地域活動の団体のような
そんなカッコいいものではなく
またそこまで考えてもいません(笑)





今年の市場のテーマが島の食堂ならば
主催者であるからこそ
私たちがまず楽しまなければと
準備したのが、おでん!
ゆで卵50個の殻剥きには
なかなかキレイに剥けなくて
ホント骨が折れたけど💦
振り返れば全て
楽しかった思い出に変わっています。





「美味しい」「楽しい」「ワクワクする」
この3つの言葉が聞けるからこそ
9年間も続けてこれたのです。
そしてこれからも体力が続く限り
(なんせメンバーの平均年齢60歳ですからね)
生活の一部として
楽しんで参りたいと思っています

今年も多くの方々に支えて貰った
1年を迎えることが出来ました。
そして来年もまた皆様とともに
楽しい島生活を迎えられることを願っています!
良いお年をお迎えください


 
2018.12.15 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR